CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
カルトリ語の勉強

ちゃんとカルトリ語の勉強しよう。

| - | 21:24 | - | - |
ムツヘタへ行った

ムツヘタの街までは車で一時間くらい。途中の野原に亜麻の青い花が満開だったり、セージの花で紫色になった斜面があったりして、それをいちいち立ち寄っていては先に進まないので黙って車に乗っている。本当はいちいちとまって観察をしたかった。

| - | 01:14 | - | - |
犬は自由

犬は町中のいたるところでゴロゴロ寝ている。観光客がぞろぞろ歩くような繁華街の道の真ん中でも寝ている。みんながみんな、ぐーぐー寝ているのでヨッシーさんは携帯のカメラで寝る犬コレクションを写している。ゾノさんに「ジョージアの犬はみんな寝ているね」というと、「冬は寒さが厳しくて、あんまりゆっくり寝てもいられないから、春が来て今は犬たちにとってホッとできる季節なのでみんな寝ている。犬にとって一番いい季節。」との説明だった。そうだったんだね、犬。野良犬は国で予防接種を打たれて耳にタブを付けられている。餌は気が向いた人や優しい住人が与えている。

| - | 00:31 | - | - |
プリとマツォーネ

ジョージアの人々になくてはならない食べ物がプリ(パン)とマツォーネ(ヨーグルトみたいな発酵乳製品)と聞く。プリは街のいたるところで小さな専門店があり、大きな素焼きレンガを組んだ窯で、ひたすらプリを焼いている。朝は10時頃から開店して、遅くまでやっている店は23時頃まで焼いている。大きいプリで1ラリ、小さいプリなら0.6ラリくらい。焼きたての熱々を渡してくれる。焼きたては外側がバリバリで中がモチモチで美味しい。塩気がつよいけど、この塩気がモチモチ生地を作るのには必要なのだと思う。柔らかい生地をパン生地を形成する枕みたいなものに乗せて広げてそれを持って窯の中の壁面にくっつけて焼く。大きな窯の中に身を乗り入れて焼く様子は「窯の中に落ちそう!」とハラハラする。

マツォーネはヨーグルトだと思っていたら、ヨーグルトではないという。菌も違い味も違うというけど食べたら違いがあまりわからない。いろんなマツォーネを食べ比べているけど、どれもおいしい。スープに入れたり煮込みに入れたり、サラダにしたりもする。最初に住んだアパートの世話役のフレッドさんは「頭痛にも効くし、腹痛にも効くし、日焼けしたら蜂蜜と混ぜて塗ってパックする」という。今まで食べたマツォーネの中ではフレッドさんにもらったのが一番おいしかった。

というわけで昨日メディアさんに「なくてはならない食べ物はマツォーネとプリってきたけど本当?」って聞いたら「果物!」との返答だった。

| - | 00:55 | - | - |
ジョージアの犬

犬の多くは自由に暮らしている。家がある子もいれば、町の人に餌をもらって公園で暮らしている子(犬小屋も建ててもらっている)もいる。コーカサス地方の牧羊犬や猟犬の雑種、大型犬が多いので、最初はおっかなびっくりで傍を通り過ぎていたのだが、口笛を吹いてみると、多くの犬は振り返って尻尾を振ってやってくる。気が向いた人々が不特定の犬に餌を与えているので、犬も人に対して社交的なのだ。犬、噛まれたことがあるからちょっと怖いけど、かわいいな。

| - | 13:57 | - | - |
青いスモモの実

街中の至る所で青い小さな果実が売られている。まだ熟していないスモモ、トゥケマリはソースにして炭火で焼いた肉につけたり、食卓には欠かせないようで、どこのレストランに行ってもトゥケマリのソースは注文できる。酸味があり、青梅にちょっと似ている。

爽やかな酸味がとてもおいしい。ヨッシーさんは、トゥケマリのソースは必ず注文をして、「このソースがあれば食欲が出る。次に食べる料理を新鮮な気持ちで食べられる。」と大絶賛しているけど、この旅が始まってから食欲が落ちた瞬間は、まだ無い。

| - | 00:32 | - | - |
山の方に行く

今日はトビリシから車で2時間くらいのシグナギの町へ行く。なだらかな丘陵地帯が延々と続く、広大な葡萄畑と放牧。

| - | 22:41 | - | - |
毎日、猫がいる。

毎日、散歩をすれば猫がいて、大抵の猫は呼べば挨拶をかえしてくれる。愛想の良い子はゴロゴロと喉を鳴らして撫でさせてくれるし、私にとってはそれだけで素晴らしい町である。

| - | 23:34 | - | - |
レストランには猫がいる

庭のあるレストランやホテルには大抵何匹か、猫がいて、肉や魚をねだりにやってくる。なんて良い町なんだろう。

| - | 14:53 | - | - |
チヒトマ

どこのレストランに入っても料理は美味しく私たちはみんな驚いている。パン食がそれほど得意ではない私が毎日パン食でも、疲れないのは、パンに使われる小麦がとてもおいしいこともあるけれど、野菜が新鮮でサラダがたっぷり出てくるのと、スープがおいしいからだと思う。どの店でもスープは2種類以上、多いところでは6種類くらいのスープから選ぶことができる。マッシュルームスープを気に入って数日頼んでいたけれど、昨日注文したチヒトマ(チキンとマツォーネという発酵乳製品)がとても美味しかったのでチヒトマの味を覚えて帰ろうと思っている。

| - | 00:18 | - | - |
| 1/315PAGES | >>